子育てブログ〈こそだてりっつ〉も運営中

【打合せ1】三井ホームの分譲地見学

三井ホームの分譲地見学
目次

営業さんとご対面

当日は分譲地近くのモデルハウスで待ち合わせ、メールでやりとりをしていた営業さんと初対面。

初めまして

(突然のいらすとや…)

りっつ

物腰柔らかな、紳士的な感じの男性です

この日は、

  • 家購入に関する現状のヒアリング(アンケート記入)
  • 土地見学
  • モデルハウス見学

という流れでした。

土地の仮押さえ

2週間の期限付きで土地の仮押さえができるとのことで

迷っている間に申し込みが入ってはもったいないので、
ぜひ仮押さえしておいてはいかがでしょうか

と言われました。

もちろん無料ですし、仮押さえすることになんのデメリットもなかったので、お願いしました。

この2週間という期限、短いのか長いのかは分かりません。どうなんでしょうね?

同じように、三井の分譲地で迷っているある方は、2週間という短さに驚いていました。

りっつ

私たちは何の疑問も持ちませんでしたが…

結果として,

契約をしたのは3週間後だったので、3週間押さえてもらっていたことになりますね。

そして、1週間後に間取り案を見せて下さるとのことで、次回打ち合わせの約束をしました。

これから家づくりする方へぜひ伝えたいこと

この日見たモデルハウスの仕様はラングレーではなかったのですが、入り口にラングレーのポスターがあり、

りっつ

ラングレー、いいですよねぇ…

って、ボソッと言いました。笑

そしたら、

じゃあ、ラングレー風で行きましょう!
ヘリンボーンの床も入れましょう!

りっつ

でも、ラングレー高いですよね⁈(汗)

いえいえ、要素を取り入れるのであれば、
そんなに高くならないですよ!

という事だったので、夫も私も気に入っていた、ラングレー風でお願いすることになりました。

この時、ヘリンボーンの床を契約前に入れてもらえたのは、ありがたかったです!

後から変更しようとすると、たぶん追加で結構かかったと思うので、諦めたかも、、、

欲を言えばもっと色々(造作家具、アイアン手すり、木製サッシなど)細かいところまで入れておいてもらうべきだった

と、後から後悔しているポイントでもあります。

契約前に盛り込んでもらうことで、HM側もこちらの予算に合わせようと精一杯値引きをしてくれます

契約後に変更された分については、値引きの理由がないので、全て上乗せされてきます。

これはこれから家づくりする方へのアドバイスなのですが、

契約前に、希望の要素はなるべく盛り込んでもらうべし!!

  • 住宅設備(主にキッチン、トイレ、お風呂など)
  • 窓の種類(木製サッシ、樹脂サッシ、トリプルガラスなど)
  • 内装の細かい事(造作家具を入れたいところ、タイルを入れたいところ、アイアン手すりなど)

これらの細かいところまでつめてから契約に進めれば、

大きく追加で予算オーバーすることはないでしょう!

個人的には、住宅展示場に行くより前に、住宅設備のショールーム(例えば、TOTOやリクシルなど)に見学に行くくらいでも良いと思いました。

もし標準外の住宅設備を取り入れたい場合、その差額はかなり大きくなります。

りっつ

我が家は標準外のTOTOのキッチンを選び、
その差額120万円…!

同時に、各HMの標準設備がどこのどういう物なのかの確認も重要ですね。

希望のものが標準で選べるのであれば、かなりコストダウンになります。

りっつ

ぜひ、私の失敗ポイントから学んでください!!(大泣き)

↓こちらで現在のいえつくりっつのランキングを見ることができます。

三井ホームの分譲地見学

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる